ニュース

記事一覧

2014.7.12 キッズリーグ(4年生)報告

ファイル 221-1.jpgファイル 221-2.jpgファイル 221-3.jpgファイル 221-4.jpgファイル 221-5.jpgファイル 221-6.jpgファイル 221-7.jpgファイル 221-8.jpgファイル 221-9.jpg

 春野運動公園多目的グランドにて、キッズリーグ(4年生)が行われました。
 試合結果、参加メンバーは、以下の通りです。

第1試合 2-2 FC.UNO-1(得点者:川村 匠人、山岡 怜和)

第2試合 1-2 アスルクラロ高知-2(得点者:角田 颯磨)

第3試合 0-4 鴨田FC

参加メンバー
15.角田 颯磨
16.戸梶 敬斗
17.笹岡 優馬
18.蒲原 輝大
19.川添 真寛
20.山岡 怜和
21.藤原 大樹
22.久保 維吹
23.次田 まな
24.川村 匠人
25.中野 伶音
26.武島 大征

 4年生全員が、初めてチームの赤い公式戦用ユニフォームに袖を通して臨む試合となりました。みんなは、嬉しさを感じてくれたでしょうか。(笑)
 第1試合の特に前半は、自分達の攻撃の際には、みんながバランス良く広がり、グランド全体を使ってボールを動かして攻めることが出来ていました。
 トレーニングで取り組んでいる“(ボールが来る前に)周囲を観る”ということを実践して、空いているスペースでボールを受けようと考えてプレー出来た点は良かったです。
 逆に守備の際に、自分の背中側に相手選手を置いてしまい、自分達の頭の上を越えていくパス1本で、ゴールへ攻められてしまう悪い癖も出てしまったのは課題です。
 2試合目、3試合目になると、暑さで疲れて、足が止まってしまい、ゴール前に押し込まれて、防戦一方の試合になってしまいました。
 確かにかなり蒸し暑い中での3試合ということで、条件的には厳しかったと思います。ただ、相手チームも同じ条件の中で戦っているのですから、それを言い訳にしてはいけません。
 「暑いけど、頑張る」そういう心の強さも身に付けていかなければなりません。
 試合では相手も一生懸命です。自分達も「勝利を目指して、最後まで全力でプレーする。」ことが大切です。
 また、第2試合のアスルクラロの選手には、スピードを上げずにきちんと周りを観て、パスを出せる選手や、ドリブルにフェイントを交えて、突破出来る選手など、自分達のお手本になるようなプレーをする選手がいました。
 相手の良いところを認めて、自分達も身に付けられるよう、トレーニングをしっかり頑張っていきましょう。
 当日は、暑い中応援やお手伝い頂きました保護者の皆様、本当にありがとうございました。
 

llamas高知フットボールクラブ事務局 住所:〒780-0955 高知県高知市旭天神町51
TEL:090-7143-6004 【担当:大平(おおひら)】 E-Mail:llamas.kochi@gmail.com