ニュース

記事一覧

2014.10.19 市内リーグ報告 U-12(5・6年生)

ファイル 254-1.jpgファイル 254-2.jpgファイル 254-3.jpgファイル 254-4.jpgファイル 254-5.jpgファイル 254-6.jpgファイル 254-7.jpgファイル 254-8.jpgファイル 254-9.jpg

市内リーグ

平成26年10月19日(日)

会場:みづきグランド


VS VAMOS朝二
2-1(前1-0/後1-1)〇
本田 晴士・南部大輝

VS 高知横内FC
3-0(前0-0/後3-0)〇
本田 晴士・南部 大輝・濱村 龍悟


数名来れない選手は居りましたが、今季最後の市内リーグを良い形で終える事が出来た事は良かったと思います。
1試合目は、相手チームが自陣に引いて守備ブロックを形成しボールも奪いに来てくれなかった事からスペースが無く、プレーしにくそうでした。
引いた相手をどうやって崩していくか?という事に取り組めた部分に関しては非常に有意義なゲームだったと思います。
相手の粘り強く素晴らしい守備を中々崩す事が出来ない状況で、何でもないミスから失点をしてしまい、典型的な負けパターンだったけど、その中でも勝ち切れた事は地力が付いて来たなと感じれる部分でした。

2試合目に関しては、ここ最近で一番の試合だったと思います。
特に伊藤圭吾クンが、コーチからずっと言われ続けて来た、良い立ち位置と身体の向き、という課題がやっと!?(笑) 改善されつつあり、よりアグレッシブで、より効果的なプレーが選択出来るようになって、相手バイタルエリア(DFとMFとの間のエリア)にドリブルやパスを使って何度も進入してチャンスを演出する事が出来ていました。
その成功体験からか、ボールが来る前は常に、何度も首を振って、周りの状況を確認する動作も見受けられました!(この事前に首を振るという動作に関しては、先ずは身体の向き、という事で、あまり本人には指摘していませんでしたが、出来るようになっていました)
その中でも、南部大輝クンとの2人だけの関係で完璧に崩してシュートに持ち込んだシーンは非常に質の高いものだったと思います。
そして、ゲーム終盤に見せた本田晴士クンのシンプルなポストプレーから動き直しを行い、身体の向きを作り直して、相手の危険なスペースに走り込んだプレーはストライカー的な素晴らしいプレーだったと思います!

RKC杯に向けて、今より少しでも皆が皆で成長出来るように、日頃のトレーニングで頭を使って取り組んで、お互いを高め合って行きましょう!

保護者の皆様、今回も送迎・サポート有難うございました!


◎参加メンバー
1.岡林 侑也
2.吉田 圭吾
3.濱村 龍悟
5.山部 海
9.本田 晴士
10.南部 大輝
13.伊藤 圭吾
14.刈谷 京翔(5年生)
18.依光 建弥(5年生)

llamas高知フットボールクラブ事務局 住所:〒780-0955 高知県高知市旭天神町51
TEL:090-7143-6004 【担当:大平(おおひら)】 E-Mail:llamas.kochi@gmail.com